●経緯:さいたま市から要請を受け、SADECOメンバーが「元気工房」を訪問したのは2010年8月28日、最終日の2011年1月15日までの計5回。授産製品はクラフトかご、「確信の持てる商品で販路を拡大したい」というニーズに対して、ヒヤリング、商品改良案、新提案等を提示、販売支援ツールの協議等を行いました。

●課題:1.商品力アップ 2.販売ディスプレイ再考 3.セールスプロモーション開発

●成果:1.新商品の開発 A.小箱のカラーバリエーション・7色 B.オフィス用・A4版ファイルボックス(黒、白、赤) C.A5サイズ筆記具トレイ(黒、エビ茶) 2.魅力あるディスプレイの造り方の実践 3.SPツール開発作成 A.シンボルマーク改良案 B.チラシ&ポスター案 C.商品写真案 4.商品写真撮影、アドバイスと実習。

●感想他:ずっと一人での考えに捉われていたが、思考の幅がひろがって新しい世界が見えた。カラフルな商品がPOP効果や新規のお客さん獲得に、つながる感じを得た。またディスプレイの造り方や写真の撮り方は実習できて良かった。との感想をいただきました。

●プロジェクトメンバー 元気工房:施設員・森泉 (施設長・市勢)  SADECO:竹田良雄 江口勲 山岡和彦 和泉賢二

写真まとめ